月: 2021年8月

お肌の悩み

自分はいろいろな肌の悩みを持っています。例えば、ニキビ、肌荒れ、乾燥、毛穴、髭などです。この肌の悩みをどうにか解決したいと思い、保湿をしてみたり、肌にいいとされる食べ物を食べてみたりととにかくいろいろな方法を試してみました。でもその効果は、いまいちで、多少肌の質はよくなったもののほぼ誤差みたいなものでした。確かにニキビには効果がありましたが、顔全体で見るとそんなに変わってなかったです。

http://www.laruedadelafelicidad.com/

そこで今度試してみたのはプチ絶食というやり方です。プチ絶食とは一日の中で14時間くらい食べ物を口にしない、飲み物も水かお茶を飲むというやり方で、とある本でこのやり方を紹介せれていてとりあえずやってみようと思い、プチ絶食をやってみました。すると少しずつですけど肌の質が改善されてきてにきびも肌荒れも乾燥も改善されていき、まるで肌を外側からではなく内側から改善されている感じがしました。

実際プチ絶食は、最初の二週間くらいは大変でしたが、それ以降はだんだんと体が慣れてきたのか、きつさを感じなくなり自然た無理せずにすることができたのであまりストレスを抱え込むことなくすることができました。なので今よりももっといい肌にするために、やっていこうと思いました。

いつのまに?小鼻の横のたるみ毛穴の謎

30歳を超えてから肌の悩みが急に増えはじめる人ってわたしの周りにもたくさんいます。

もちろんわたしも例外ではなく、ニキビや赤みなど、29歳まで気にならなかった悩みが爆発…。

その中でも今顕著にやばいっ!と感じている悩みが「たるみによる毛穴の広がり」です。

ととのうみすとは販売店で市販されている?

乾燥が大敵だと思っているので保湿もかなりしているし、パックも3週間に一度はしているのですが、なにが原因かまったくわかりません!

しらべてもよくわからないので、「たるみ」が原因だと勝手に決めつけて、リフトアップを試しています。

といっても、

・顔面表情筋ストレッチ

・美白乳液をつける際のマッサージ

このくらいしかやっていないのですが、

実際効果があるか?と言われるとよくわかりません。

そこで、美容機器を購入しようか検討しているところです。

これもまた、口コミを読んでもなかなか参考にならなかったり、信憑性に欠けたり、決め手になるものを見つけられず…。

余裕で1ヶ月はさまよっている状態です。

リフトアップ化粧品なんて謳っている商品もありますが、本当にあがるのか?と、ここに関しては信用できずにいます。

そもそも色々顔に塗ったらオッケーなんてこと、絶対ないと思うので、顔につける化粧品の数は少なければ少ないほどいい!という持論があり(これが邪魔している?)なかなか行動に移せないんですよね。

同じ悩みを抱えている人のブログや記事を読み漁ろう…と結局同じような日々を繰り返し、悩みが一向に解決されない無限ループにハマっています。

幼稚園・保育園入園前の不安なママへ

2、3月頃になると、入園通知が届いたときのうれしさはどこに行ってしまったのか、、、。と、こどもの入園に対する不安がたくさんのママも多いのではないでしょうか。

わたしも数年前の2、3月は不安でいっぱいでした。我が家の長男坊は超がつくほど引っ込み思案で、近所のおばちゃんにまともに挨拶できるようになったのも年少さんの終り頃でした。それと対称に妹は負けん気が強くて、お兄ちゃんの髪の毛を喜んで引っ張って毎日笑いながらお兄ちゃんを泣かせるような子でした。

http://www.ustom33.org/

うちのこども達が入園したのは認定こども園と呼ばれる園で、保育園と幼稚園の良いとこ取りみたいな園ですが、これから働くズボラな私としては正直そんなことどうでもよく、とにかくこどもらが無事で過ごしてくれればなんでもよかったのですが、入園が近づくにつれて「大丈夫かな。毎日元気に笑顔でいてくれるかな」と、そんなことばかり考えるようになりました。

そしていよいよ園生活が始まると、予想していた通り、年少さんに通うお兄ちゃんは「いや~だ~」と毎朝泣く生活が待っていました。園の先生に聞いても「園ではみんなと仲良く笑顔で遊んでますよー。」と、テンプレのような回答ばかりで、夫婦二人で困惑したことをよく覚えています。でも、そんな泣き虫長男くんも、6月頃には自分で制服に着替えて、笑顔でバイバイできるようになりました。この頃から、特定の仲良しなお友達ができたことと、息子のことを好きだと言ってくれる女の子が出来たようで、デレデレするようになってからは私の不安もかなり減りました。いまだに「まぁま~、いや~だ~」と泣く日もありますけどね。

きっと、うまれて初めての集団生活に戸惑い、いろいろなことを経験して疲れ果てて帰ってくる、そんな思いをしたらほどんどの子は泣いちゃいますし、行きたくないと言うんですね。ママも不安で不安で自分の仕事どころじゃないよー。と思ってしまうかもしれませんが、1.2カ月は我が子を信じて見守ってあげて欲しいなと思います。きっと不安に思った日々を笑って思い出せるくらい、元気に通園していく我が子を見届けることができる日が待っていますよ。

自分のためにも口臭予防を。

50代男性です。私は早い時期からタバコを吸っていたので、若い頃から口臭については人一倍気を遣っていました。まずは歯磨きですが、基本的には1日3回です。毎食後には必ず磨いていました。また、いつだったかテレビで舌も一緒に磨くと口臭に効果があると聞き、長年実践しています。

ブレスマイルウォッシュは実店舗で市販されている?購入して使った効果や口コミなどまで赤裸々に暴露!

若い頃はデートの前にも必ず歯磨きをしていました。そのおかげもあって他人から口臭についていろいろ言われた経験はありません。
30代前半で結婚しましたが、妻は歯科衛生士で歯磨きに関してはプロ中のプロです。前述したように口臭予防はしっかりしていたのですが、実は歯磨きもやりすぎると歯茎を傷めて歯槽膿漏の原因になってしまうと言われました。それからは妻の勧めで食後の歯磨き以外は、リステリンなどの経口液でうがいするようにしています。歯磨きを適時する癖があったので最初は不安がありましたが、妻からは口臭は気にならないと言われています。
口臭は自分の問題だけでなく、周囲の人を不快にさせてしまうことにもなるので、過剰になることはないにしてもちゃんと予防したいものです。最近はコロナ禍の中で、マスクをする機会が増え、自分の口臭を気にする人も増えたと思います。自分のためにもしっかり予防した方がいいと思います。