皮膚科から貰った薬で悪化しました

わたしは、ニキビができやすい肌質ですのでよく皮膚科に通っております。べピオゲルという薬を処方してもらっておりますが、べピオゲルを使うとわたしのお肌は、まず顔が赤くり余計に荒れている気がしますので、これは使用を辞めた方が良いのか美容クリニックに務めている友人に相談しました。

ラントゥルースの口コミと効果を暴露!販売店での市販状況などもレポートします!

べピオゲルを使っている人はだいたい勘違いをして使っている人が多いみたいでですが、べピオゲルにはいっているアクネ菌というのは皮膚を弱酸性にしバリア機能を保つ大切な常在菌であって、ニキビの根本的な原因ではないみたいです。ニキビの根本的な原因は活性酸素であり、アクネ菌が肌を弱酸性に保つ為に皮脂を分解し作った【遊離脂肪酸】に【活性酸素】が結合することによって【過酸化脂質】へと変更し、炎症を起こすようです。

そしてそれから肌を守る為に角質が厚くなり、更にニキビが増えるのがサイクルです。なので、アクネ菌を殺してしまうケアは肌のバリアを壊す行為であり、一瞬は良くなってもそれによってバリアが壊された肌の上で黄色ブドウ球菌のような悪玉菌が増えると更に炎症を起こし、いつまでたっても改善されない状態になってしまいまうみたいなので、現在わたしが皮膚科で出されている薬はほぼ抗生物質のような菌を殺す薬、薬局のニキビ用化粧品も 薬用・抗菌など菌を殺すものばかりみたいです。

改善したい場合には、薬用ケアを一度止めてみて、活性酸素を除去する抗酸化作用のあるケアをすることが必要みたいです。薬ばかりに頼っておりましたしが今後は自分でケアを見直したいと思います。