カテゴリー: 口臭

自分のためにも口臭予防を。

50代男性です。私は早い時期からタバコを吸っていたので、若い頃から口臭については人一倍気を遣っていました。まずは歯磨きですが、基本的には1日3回です。毎食後には必ず磨いていました。また、いつだったかテレビで舌も一緒に磨くと口臭に効果があると聞き、長年実践しています。

ブレスマイルウォッシュは実店舗で市販されている?購入して使った効果や口コミなどまで赤裸々に暴露!

若い頃はデートの前にも必ず歯磨きをしていました。そのおかげもあって他人から口臭についていろいろ言われた経験はありません。
30代前半で結婚しましたが、妻は歯科衛生士で歯磨きに関してはプロ中のプロです。前述したように口臭予防はしっかりしていたのですが、実は歯磨きもやりすぎると歯茎を傷めて歯槽膿漏の原因になってしまうと言われました。それからは妻の勧めで食後の歯磨き以外は、リステリンなどの経口液でうがいするようにしています。歯磨きを適時する癖があったので最初は不安がありましたが、妻からは口臭は気にならないと言われています。
口臭は自分の問題だけでなく、周囲の人を不快にさせてしまうことにもなるので、過剰になることはないにしてもちゃんと予防したいものです。最近はコロナ禍の中で、マスクをする機会が増え、自分の口臭を気にする人も増えたと思います。自分のためにもしっかり予防した方がいいと思います。

2歳児の口臭が気になる

我が家は2歳半になる子供がといるのですが、朝起きた時の口臭が少し気になるな、と思っていました。

効果あり?ちゅらトゥース

寝る前の歯磨きはしっかりしている気にはなっていたけど、ちゃんとできていないのかな?と不安に思ったので歯医者さんで相談してみました。言われたことをまとめると三つです。1つ目は磨き残しがあり口呼吸で睡眠しているから、口腔内が乾燥してばい菌の増殖が起こっている可能性がある。子供には多いようですが、鼻詰まりや寝相の問題から口呼吸になる子が多いようです。簡単にできる対策としてはうつぶせ寝をさせないこととのことでした。

2つ目は子供自身は自覚症状がないことが多いので、2歳半ならまだ気にしなくてもいいが、小学生くらいになると口臭が原因でいじめられる可能性があるので、親のサポートが必須ということ。確かに、口臭がきつい友達がいると小学生くらいならストレートに伝えてしまうかもしれませんよね。言われたほうはかなり傷つくはずなので、気をつけなければいけないと思いました。
3つ目は子供自身に歯磨きをしてすっきりした口の中の状態を覚えてもらい、食事後は必ず歯磨きをする習慣づけをする必要性について。歯磨きをし終わったときに「口の中さっぱりだね」「歯磨きすると気持ちいいね」などと伝え、口の中がさっぱりしている状態が良いということを意識づけしないといけないようです。

あなたは自分の口が臭わない自信がありますか

口臭の原因は様々で複数の要因が重なってくるので、全く匂わない人は殆どいないと言えます。

ブレスマイルウォッシュ

【口臭の原因】

まずは口内の細菌が嫌な匂いの元を発生させています。

歯の汚れとなる歯垢や歯石、舌の汚れとなる舌苔は細菌が多く繁殖し最も直接的で一番の口臭の原因となります。

細菌は口を開けて寝るなど唾液が減ることでも繁殖しやすく、入れ歯を使用している人は普段歯を磨くのと同様にお手入れをきちんとしないとこれもまた細菌を繁殖させる原因となってしまいます。

病気や体調不良などが原因で口臭になることもあります。

歯肉炎や歯槽膿漏など口内の病気はもちろんのこと、口とは直接関係のない耳鼻科系の病気や胃や肝臓の疾患、糖尿病なども原因となることがあります。

病気以外では疲労や空腹、緊張やストレス、更年期や生理、妊娠も口臭の原因となることがあります。

また食事などの生活習慣も口臭に大きく関係します。

たばこを吸う、お酒を飲む、コーヒーを飲む、ニンニクなど強い匂いのするものを食べる、ほかサプリやビタミン剤なども口臭の原因となることがあります。

【口臭の対策】

やはり対策としては臭いの元を断つのが一番です。

原因から考えて、口内を清潔にしておく、心身ともに健康でいることが重要となりますが、これだけでは補えない部分もあるので、ガムやマウスウォッシュ、サプリメントなど手軽なものを利用しましょう。

口臭のひどい人は病院などで測定やカウンセリング、場合によっては必要な治療をすることをお勧めします。

口臭は自分では気づきにくいので、周囲の人の反応で感じ取ることも必要です。

周囲の人も「口が匂う」とは本人になかなか伝えにくいですが、大事なパートナーや友人、家族であれば愛情と勇気をもって言ってあげるべきです。

様々な要因が複合してくるので完全に口臭をなくすのはむずかしいですが、あまり気にならない程度にはできるはずです。

口臭の原因となりうるのが唾液

知っておきたい口臭の知識として生理的なものと病的な臭いがあるというのがあります。口臭は生理的なものと病的なものに大別されることになりますが、男女の差はないです。キラハクレンズ

男性であろうと女性であろうとこの臭さというのは発する可能性があるわけです。病的な臭さは大よそ歯周病とかなんで病院にいってくださいとしかいえないことが多いですが、生理的な口臭には対策が可能。

まず唾液を増やすことです。唾液には浄化作用があるのです。口中で細菌が増殖するのを防ぐことに唾液がとても強い効果を持っています。

ですから、唾液が少ないとき、例えば起床時や空腹時などはどうしても臭さが増すことになります。この唾液の分泌量が減るタイミングをしっかりと知っておきましょう。こうしたときには口中の細菌が増えることになりますから、とにかく自主的に唾液を増やすようにしまょう。

さらには口臭は食べ物からも起こりうることになります。ニンニク、ネギ、アルコール、コーヒーもそうです。お茶は意外と口臭対策になったりします。

まったくよろしくないのがタバコを吸ったりすることです。煙草は厳禁。唾液の量を少なくしますし、そもそも臭いのでまったくよろしくないものになるんですね。

口臭ケアは大事な見だしなみ!簡単で誰でも出来る方法6つ

『、、、なんだか、臭う?』

ブレスマイルウォッシュの効果

そんな風に、自分の口臭や他人の口臭を気にする方は結構多いはず。

いくら、ヘアスタイルやメイク・ファッションなどの身だしなみを整えていても口臭が酷ければマイナスの印象に。

身だしなみの一種として、口臭ケアを取り入れればもっと魅力が倍増すること間違いなし!

ここからは、どなたでも出来る口臭ケアの方法をご紹介♪

【口臭ケア方法】

☆口内の雑菌を掃除する

・歯磨き

・マウスウォッシュ

基本中の基本であるこの方法は、食べかすを除去することで雑菌が口内で繁殖するのを防ぎ口臭ケアにつながる。

☆口内の水分を増やす

・水分を取る

・ガムをかむ

・タブレットを食べる

水分が少なくなり口内が乾くと、口臭が発生する原因になるので口内を潤すためにも、水分摂取や食べることによる唾液の分泌が口臭ケアにつながる。

また、指摘しづらい他人の口臭はガムやタブレットをシェアすることで解決できることがある。

ここまで紹介した方法は道具などが必要だが、用意出来ない場合は【口をゆすぐ】という非常に簡単な口臭ケア方法もおすすめ。

自分が取り入れやすく続けやすい口臭ケア方法をいつもの身だしなみにプラスして習慣付ければ、今よりもっと魅了がアップすること間違いなし!