くせ毛の悩み

私自身、生まれつきのくせ毛でかなり悩みました。
ヘアージュ

特に思春期の頃ですね。身なりと異性の目を気にし始めた時期に思い描いていた自分の容姿にはかけ離れていたのです。

中学生の頃は、校則で坊主頭だったので髪型を気にすることはありませんでした。

そして高校生になり、わくわくしていた新生活。

髪を伸ばし始めると同時に周りとは違うことに日頃から悩むようになりました。

どうしても直毛の友達と同じようには決まらない髪型とうねり。

日が進み、髪が伸びていくにつれどんどん思っていたとは違う見栄えになる髪型。

早く伸ばしたい、伸びてくれと思っていた希望が、

この先どうなるんだという不安に変わって過ごしていました。

今思えば、気にしすぎなのですが周りからどう見られているのか、というのと

自分がくせ毛だったという事実が相当ショックだったようで。

くせ毛のうねり具合にも個人差があると思うのですが、私自身はかなり酷いほうに属するかと思います。

直毛の方がパーマを当てたような感じにもならないですし、私自身他のくせ毛の人をかっこよく思うことがどうしてもできなかったので、青春時代はもう終わりとさえリアルに思っていました。その後、ストレートパーマや縮毛矯正を試してみたものの一時しのぎにしかならず…。ストレートパーマはすぐ落ちて元通り。無理やり矯正する縮毛矯正はボリュームのないぺったんこの髪型になり、やはり理想の髪型にはならず…。髪へのダメージも大きかった。なんとかその後縮毛矯正に頼り、少しはマシだろうと自分をごまかし高校生活を最後まで過ごしました。いつも外見を気にし、余計にストレスが溜まっていたような気もします。短髪にし、髪型を気にしなくった20代。30代からいろんな外見が変わり出した周りと自分。40代に突入し、久しぶりに再会した高校生の頃に憧れた髪型の彼。やはり今でもさらさらの長い髪に憧れてしまうのです。